不安や恐れ心が不安定な時の対処法|藤沢市の自律神経施術院ここから

お問い合わせはこちら

ブログ

不安や恐れ心が不安定な時の対処法|藤沢市の自律神経施術院ここから

2020/08/25

〜体がゆるむと心もゆるむ〜

不安や恐れ心が不安定な時の対処法

《体がゆるむと心もゆるむ》

 

 

 

こんにちは。

神奈川の藤沢市にある

自律神経特化施術院「施術院ここから」です。

 

 

 

当院には自律神経失調症でお悩みの方が多くいらしています。

 

 

 

不眠症胃腸障害めまい耳鳴り慢性疲労息苦しさなど、

実に様々な症状をお持ちになっています。

 

 

 

自律神経失調症の方を整体して感じることがあります。

 

 

 

それは、

 

 

 

どの方も『体が緊張している』ことです。

 

 

 

 

体が緊張しているというのは、

当院では体の筋肉が硬く、骨や関節の動きが制限されている状態と定義します。

 

 

 

主に呼吸に関係する部分である、

肋骨や横隔膜、背骨、頭蓋骨、股関節などの動きが制限されてしまうと

自律神経の働きがアンバランスになってきます。

 

 

 

首の筋肉や背中の筋肉、腰の筋肉、お腹の筋肉、噛む筋肉など、

硬くなってそのままになっている方がほとんどです。

 

 

 

筋肉は脳からの電気信号で収縮します。

 

 

 

つまり、

筋肉が硬くなっているということは、

脳が電気信号を常に発信しているということでもあります。

脳が忙しいと、筋肉も収縮しっぱなしになるということです。

 

 

 

 

逆に、

筋肉がゆるむことで、脳の忙しさも落ち着いてきます。

 

 

 

 

実際に、不眠症の方でも施術中に筋肉がゆるんでしまうと、

眠ってしまう方がほとんどです。

 

 

 

施術後、「寝ちゃった・・・笑」となります。

 

 

 

 

 

心が忙しい方ほど、体(筋肉)をゆるめることが非常に有効です。

 

 

 

私たちは、

不安や恐れ、焦りなど、心が不安定になってしまう時ほど、

冷静な判断ができなくなります。

 

 

 

 

会社を辞めた方がいいのか。

休職の方がいいのか。

今の仕事は向いていないのか。

人と比べて落ち込んでしまう、焦ってしまう。

子供にイライラしてあたってしまう。

 

 

 

こうした心の状態をまずどうしたらいいのか?

 

 

 

 

それは、『体をゆるめること』です。

 

 

 

 

一旦リセットボタンを押してあげるような感じです。

 

 

 

それから改めて動き出すことをお勧めいたします。

 

 

 

 

体がゆるむということは心もゆるみます。

 

 

 

息詰まって考えや視野が狭くなった時は、

体をゆるめましょう。

 

 

 

きっと、良い方向へ向かっていくでしょう。

 

 

 

それでは、

お大事になさってください。