呼吸が出来る体と出来ない体

[営業時間] 9:00~20:00 / [休診日] 月曜日

ブログ

呼吸が出来る体と出来ない体

2020/03/05

〜息抜きの大切さ〜

呼吸が出来る体と出来ない体

「呼吸してください」というと、

まず吸いたくなる方が多くいます。

 

 

ですが、

まず「吐く」

その後「吸う」というのが本来の呼吸です。

 

 

「吐く」と体の筋肉は緩み、本来の体の状態になります。

「吸う」と体の筋肉は縮み、力んだ体の状態になります。

 

 

どれだけ深く吐けるかが、

どれだけ緩んだ本来の自然な体になることが出来るか、

ということでもあります。

 

 

時々、ため息をついてください、といって

やってもらうことがありますが、

「はぁ~~~~」と体の力が抜けずに、

「はぁ~」くらいで止まってしまう方がいらっしゃいます。

 

 

これは吐く深さが浅く、

体の緊張が抜けない状態を表しています。

 

 

交感神経が優位になっている状態です。

 

 

不眠症、息苦しさ、肩首こり、腰・背中の痛み、など

症状が出てきます。

 

 

また、頭も重く硬い傾向があります。

 

 

頭の中もスッキリしていないことが多いです。

 

 

「吐ける体」=「自然な本来の体」です。

 

 

「息詰まる」という言葉がありますが、

正にそのような緊張感を持った状況が

続くと体も心もこわばってきます。

 

 

中には呼吸を瞬間瞬間に止めてしまうほど

何かに集中している方もいらっしゃいます。

 

 

「息抜き」も非常に大切です。

「はぁ~~~~」と充分に吐ける

自然な体にしていきましょう。