神奈川で他の症状でお悩みの方に向けた対策方法を記載しております

お問い合わせはこちら

症状対策

「体と心の関係」について

施術院ここからでは、お体の痛みやこりへの一般的な整体施術はもちろんのこと、うつや自律神経失調症、パニック障害など、心の不調でお悩みの方にも、カウンセリング・セラピーと整体を組み合わせた施術を行っています。
「なぜうつや自律神経失調症などの症状に、整体の施術が有効なのか?」と疑問に思われる方もいるかもしれません。
当院では、体と心は別々のものではなく、相互に影響を与え合う、分かちがたい関係にあると考えています。体の状態をよくすることは精神の健康にもつながり、「体が心を引っ張る」側面は無視できません。

 

また、心の状態が体にも影響しています。

自律神経は脳と体を結ぶ神経です。

具体的には、脳の状態を体に反映させるのが自律神経です。

自律神経は、心と体を一致させる役割を果たしています。

脳(心)の状態も体に影響するのはこの為です。

自律神経と免疫、ホルモンこれらは互いに連動して私たちの体を調節しています。


当院では、そうした体と心の相互作用を改善する施術をご提供しています。

自律神経が正常に働く3要素

人間の体にとって大切な働きを持つ「自律神経」が、正常に働くうえで欠かせない要素が「酸素」「栄養」「刺激」の3つです。この3つがうまく取り込めなくなると、自律神経の機能は低下し、様々な不調が現れてくるのです。


①酸素
酸素を取り込む際に大切なのが「背骨・胸郭」の働きです。しかし、ストレスなどで常に体が緊張した状態になってしまうと、徐々に胸郭が固まってしまい、うまく呼吸できない状態になり、過呼吸や息苦しさといった症状に繋がります。また、緊張状態が続くと、安静時の呼吸も不十分になり、寝ても疲れがとれづらいということになります。


②栄養
栄養を摂取するうえで欠かせない「腸」の働きは、自律神経の影響を強く受けます。自律神経の働きが低下していると、消化がうまくいかなくなり、せっかく栄養を摂取しても吸収されにくくなってしまうのです。また便秘や下痢などにもつながります。当院の施術・カウンセリングでは、自律神経の改善はもちろん、バランスのとれた正しい栄養摂取の指導も行っています。


③刺激
刺激もまた、人間の機能にとってとても大切な栄養素だと私は考えています。刺激が少なすぎると、脳や体の働きも衰えていきます。しかし、同じ内容の刺激を繰り返すと、その刺激が癖づいてしまい、悪い影響を与えることもあります。大切なのは、「さまざまな刺激」を体験し、脳と体を活性化することです。

整体とカウンセリングで何ができるのか

当院の整体とカウンセリングでは、上記の3つの要素のうち、主に酸素と刺激に対して直接アプローチを行っていきます。栄養については必要に合わせて慎重にアドバイスさせていただきます。
整体では、「背骨・胸郭」が緊張で固まっている部分がゆるむ施術を行うことで、呼吸しやすい状態をつくり、酸素を取り込みやすくしていきます。また、体の緊張がとれることで、血液の循環もよくなり脳が正常に働くようになっていきます。
カウンセリングでは、今までの生活の中で癖づいてしまった、偏った思考パターンや思い込みを修正することで、あなたが「自分らしく生きる」お手伝いをいたします。自分らしく生きることで、交感神経と副交感神経がしっかり交互に働き、自律神経と関係の深いホルモンや免疫系の働きも正常に働くようになります。
このように整体とカウンセリングを用いて、本来の体と心双方から自分を取り戻すのが、ここからの施術の特徴です。

症状サインチェックリスト

◻︎起きた時しばらく起き上がれない
◻︎一日のスタートから不調
◻︎頭がボーッとしている、集中出来ない
◻︎体が緊張してなかなかリラックスできない
◻︎首や肩、背中が凝る
◻︎腰に痛みや違和感が続いている
◻︎頭痛がよくある
◻︎長く体のどこかに痛みや痺れがある
◻︎原因がよく分からない症状がある
◻︎めまいなどふらつきがある
◻︎立ちくらみがある
◻︎のどのつまりがある
◻︎息苦しい感覚がある
◻︎パニック状態になる
◻︎すぐお腹が痛くなる
◻︎のぼせやすい
◻︎手足の冷えやゾクゾクと寒気がする
◻︎食欲に波がある
◻︎動悸がする
◻︎すぐにイライラしやすい
◻︎やる気が起きない
◻︎体に力が入らない
◻︎何事も興味がなくなってきた
◻︎感情が湧かない
◻︎最近笑っていない、楽しめない
◻︎周囲の影響を受けて体調を崩す
◻︎薬などで一時的に良くなるが、また繰り返す

これらに1つでも該当する人は本来の自分から遠ざかっている傾向があります。
早めに対処することをお勧め致します。