[営業時間] 9:00~20:00 / [休診日] 月曜日

変形性膝関節症

変形性膝関節症で痛い!膝が変形しているから痛みが取れないと思っているあなたへ

  • 病院で変形性膝関節症と診断されて現在も痛みがある方
  • 手術を勧められるけれど、なるべくしたくない方
  • 痛み止めや湿布で痛みを我慢している方

当院でも、こんなお悩みの患者さんが、よくいらっしゃいます。

当院で行っている、筋元整体(筋肉を自然な状態に戻す整体)を受けられた方は、多くの場合、2回〜5回で痛みが軽減したり歩きやすくなるケースが多いですので、是非ご来院を検討ください。

今まで痛みが取れなかった方にとっては、2回〜5回の施術で痛みが取れることが、信じられない方もいらっしゃると思うので、実際の症例を、お話ししようと思います。

筋元整体で変形性膝関節症で歩けなかったのに痛くなく歩けるようになった症例

*今回は症例の説明が長くなっています。お時間がある時にご覧ください。

変形性膝関節症の痛みが無く歩けるようになった症例。施術1回目(全3回)

80歳の女性です。

この方は膝が痛くて歩けないので当院まで来ることが出来ないけれど、どうにか診て欲しいということでご連絡いただきました。

ご自宅まで車でお迎えにいくと、杖をつきながらゆっくりと玄関から出てきました。

相当慎重に歩かれている様子で膝の痛みもかなりあることが伺えます。

典型的なO脚でかなり膝の変形を伴っていました。

「これは時間が必要だな」

この時に密かに覚悟を決めていました。

院に戻ってお話を聞くと、20年以上前から膝の痛みがあったそうです。

電気を当てたり、湿布をしたり、10回以上のヒアルロン酸注射、時にはお水を抜く注射も何回もされていました。

痛みとしては、動かし始めが特に痛いのと、膝の内側の痛みでした。

これは典型的な変形性膝関節症の特徴です。

仰向けに寝ていただくと、もちろん膝を伸ばすことが出来ません。

膝を90度以上曲げても痛みがあります。

さて、どうするか。。

まず、こういう時は膝以外の部分から始めます。

バンザイをした時、右肩の痛みがあるので、そこから施術開始です。

いつものように、骨盤、お腹を施術し、残った肩の痛みをとっていきます。

右肩はOK。

この状態で膝の動きをチェックします。

すると100度くらいまで動きは軽くなりますがそこから痛みはまだまだあります。

かなり時間も経っているせいか、膝の内側の組織の硬さがかなり頑固になっていました。

とにかくこの硬さを少しづつ少しづつほどいていきます。

その上で膝の内側の筋肉をエクササイズすると、110度まで痛みが出なくなりました。

立ってもらうと、本人もすぐに違いがわかったそうで、「軽いねぇ。だいぶ良いねぇ」と少し笑顔が出てきます。

私はまず、希望を持ってもらうことが大事だと思うんですね。

長年痛みで辛い思いをしていると、考えも後ろむきになってしまいますよね。

それだと、諦めの気持ちがどうしても強くなるので、前向きな考えになりにくくなります。

こうなると、動く気力も体力も低下して動ける範囲が小さくなるので、悪循環に陥ってしまうんですね。

なので、まずは希望を持ってもらうようにしたいんですね。

笑顔が出てきたところで、お家で出来るエクササイズと歩き方をお伝えして1回目を終えました。

変形性膝関節症の痛みが無く歩けるようになった症例。施術2回目(全3回)

3日後、2回目です。

車でお迎えにいくと、幾分玄関から出てくるスピードが速くなっているように見えます。

「〇〇さん、お膝どうでしたか?」と訊くと、

「うん、いてぇけどマシだなぁ」と。

正直ガッカリ、、、(苦笑)

もう少し期待していました。。。

でも、確実に歩くペースは前回よりも良いのでOKです。

「エクササイズできましたか〜?」

「ん〜、やったけどできてっか、どうかな」

(微妙です…)

エクササイズの確認から入ります。

やってもらうと、出来ていたので大丈夫そうです。

膝の内側にまだ硬さがあるので更にほどいていきます。

そして、仰向けで曲がっている膝を伸ばすように上から押しても痛みがなくなってきています。

これは良い兆候です。

ここで試しに仰向けの状態で手足をブラブラ(ゴキブリ体操のような感じ)させて自分で動いてもらうと、膝が120度くらいまで自分で動かせています。

これにはご本人も「曲がるねぇ」と声が出ていました。

だいぶ膝の怖さが小さくなってきている様子です。

ここまで来れば、膝の周りの筋肉や筋膜の癒着(固まっている)を解除していく必要があります。

「〇〇さん、ここからは少し痛いんですけどやっても良いですか」と訊くと、「お、やってくれぃ」と淡白なお返事が返ってきました。

このくらいの年齢の先輩は痛みに強いんですよね!

かなり痛いと思うんですが、リアクションもそこまで大きくなく耐えてくれています。

ここで膝のチェックです。

約130度まで痛みがなく曲げられました。

見事、記録更新!!

「今まで固まって動かないところを施術しているので、この後少し痛みが残るかもしれません」と言い添えて、引き続きエクササイズを続けるようにお願いして2回目終了です。

変形性膝関節症の痛みが無く歩けるようになった症例。施術3回目(全3回)

5日後、お迎えにいくと、、

玄関からなかなかのスピードで出てきます。

「〇〇さん、どうでしたか?」

「うん!少し良いみてぇだ」

内心、「少しか、、、」と思いましたが、でも、初回よりもかなり軽快な足取りです。

訊くと、庭の草とりや家の中などの片付けなど動けていたようです。

施術後の痛みはそこまで気にならなかったそうです。

余談ですが、

3回目にして嬉しいことがあったんです。

当院までの車の中で〇〇さんの方から話しかけてきてくれたんですね。

今までは、私の問いかけに対しての返事、というやりとりでしたが、ご本人から話しかけてきてくれたことが嬉しかったですねー!

さて、施術に話を戻します。

3回目はまず2回目とほぼ同じ施術とエクササイズをします。

ここまでで痛みを10段階で評価してもらいました。

「〇〇さん、最初の痛みを10とすると、今はどのくらいですか?」

と訊きます。

少し間があって……

「半分くらいかな〜」ということでした。

3回で痛み半減。

やはりここまでの変形まで来ると完全に痛みがなくなることはないのか、、、と、気落ちしていましたが、5回まで頑張ってみましょう!と〇〇さんに提案します。

快く了解してくださって引き続き施術をしていきます。

もう一度現状の体の説明と歩き方のポイントをおさらいします。

ここまでの変形になると、かなり歩き方を意識していただく必要があるんです。

施術の時だけ良くなっても歩き方が以前のままだと、結局痛みがなくならないんですね。

本当に患者さんと私で二人三脚です。

変形性膝関節症の痛みがなくなった症例。杖なしで歩けるようになった!

そして、、、

5回目のお迎えの時でした。

なんとっ!!

杖なしで玄関から出てきました!!

「〇〇さん!!杖ないじゃないですか!?」

「おぅ、大丈夫だ〜」と相変わらず淡白な返事(笑)

いやぁ、、、

これは嬉しかったですね〜(^^)

歩き方は、完璧!!とまではいきませんが、【杖なし・痛みなし・気持ち増し!】になれて本当によかったです。

実は、この方は現在も引き続き月に1〜2回は施術をさせていただいています。

ご本人もその方が安心だそうです。

筋元整体が変形性膝関節症に効果的な理由

さて、この方の症例で分かるとおり、【変形=痛み】とは言い切れないということです。

この方も膝の変形自体は残っています。

ですが、痛みが完全にゼロではないにしてもかなり軽減しました。

手術をしたくない方や痛みに苦しんでいる方、こうした方もいらっしゃるということで少しでも励みになれば幸いです。

では、なぜ当院の筋元整体が変形性膝関節症に効果的なのかをご紹介していきます。

変形性膝関節症の特徴

変形性膝関節症の特徴は、見た目の変形もそうですが、特に動き始めや歩き始めが痛むことがほとんどです。

すると、だんだんと動くのが億劫になり、日常の行動範囲や気持ちまでも小ぢんまり過ごしていくようになります。

動かなくなるので、ますます筋肉が固まっていくという悪循環に陥ってしまいます。

病院では、保存療法か手術のどちらかを提案されることがほとんどです。

最終的には両膝ともに変形してきますが、多くの場合、より片方の膝の変形が大きくみられます。

片方の膝の痛みから始まり、少しづつもう片方の膝も痛んで変形してくるというパターンがよく見受けられます。

変形性膝関節症の原因は様々ですが、原因として多いのが、

変形性膝関節症の原因

  • 股関節と膝をを曲げていることが多い(畑仕事や草むしりなど)
  • 顔が前に出ている
  • 骨盤〜背骨を前後にうまく動かせない(骨盤を寝かせたり、立たせたりという動き)
  • 股関節の左右の動きの差
  • 骨盤の傾き
  • 立ち方、歩き方の癖
  • 足首の硬さ
  • 太もも前の筋肉の硬さ

以上の要因で、

  1. 膝や股関節が曲がっている状態で伸ばしづらくなる
  2. 膝を支えている靭帯がゆるむことで膝が不安定になる
  3. 不安定な状態を筋肉でカバーし始めるため、徐々に筋肉性の痛みが出てくる
  4. 更に動かし続けると膝の軟骨が削れて、周辺の骨と筋肉の腱(スジ)でこすれたりして炎症が起こる(膝に水が溜まる)
  5. 炎症を繰り返し変形が進む

私たちの脚の関節は大きく分けると、股関節・膝関節・足首の関節と3つの関節があります。

この3つの関節にはそれぞれお役目があって、

  • 股関節はよく動く関節
  • 膝関節は安定の関節
  • 足首はよく動く関節

というふうに、膝の関節は本来安定しておく方が良い関節なんです。

膝の関節は構造上、ピンッと伸びていれば、左右にグラつくことなく安定する関節なんです。

でも、少しでも曲がっていると、膝を両脇から支えている側副靭帯という靭帯がゆるんでしまって膝が不安定になってしまうんです。

膝が伸びない生活をしていると、いつの間にか膝が不安定な状態で、その代わりに筋肉が安定させるように働きます。

本来筋肉は動くために使いたいところですが、膝の安定というお役目を担うことで、更に硬く頑固になってしまうんですね。

膝の痛みも強くなり、うまく曲げ伸ばしができなくなります。

私たちはそれでも動く必要がありますから、更に膝には負荷がかかり続けます。

すると、膝の軟骨がすり減り、変形が大きくなってくる、という過程がほとんどです。

そこで、お身体の状態を確認しながら、変形性膝関節症の原因になっている

  • 股関節と膝をを曲げていることが多い(畑仕事や草むしりなど)
  • 顔が前に出ている
  • 骨盤〜背骨を前後にうまく動かせない(骨盤を寝かせたり、立たせたりという動き)
  • 股関節の左右の動きの差
  • 骨盤の傾き
  • 立ち方、歩き方の癖
  • 足首の硬さ
  • 太もも前の筋肉の硬さ

以上の原因を解消していくことで、一度変形した膝は手術以外には戻りませんが、変形がありつつも日常生活の痛みの辛さを軽減できる可能性があります。

変形性膝関節症のセルフチェック

  • 正座がしづらくなってきた、もしくは出来ない
  • 膝が伸ばしづらい、伸ばすと痛い
  • 見た目も膝が曲がってきた感じがする
  • 仰向けで寝て、膝裏が床につかない(押してもらってもつかない)
  • 動き始めが痛い

2つ以上当てはまる場合は、膝関節が不安定になり、周りの筋肉が固まり始めているので、早めの処置をお勧めします。

変形性膝関節症の方に行う、当院の施術

  • まず全身の可動域をチェックします
  • 痛みや可動域が小さい部分から調整していきます
  • 特に骨盤部は重要なので傾きを整えていきます
  • 固まっている筋肉を特定して徹底的にゆるめていきます
  • 膝周りの筋肉で弱くなっている部分のエクササイズを繰り返し行います
  • 座り方・立ち方・歩き方を見直していきます

変形性膝関節症に限らず、膝の痛みは動かなくなります。

動いたとしても恐る恐る動いて全身の筋肉を固めたまま動くことになります。

実はここが悪循環の根本なんですね。

当然痛みがあると慎重に動かしますから、体に力が入ります。

膝の場合は歩くという日常動作なので、動くと常に力が入り、歩幅などが小さく小さくなります。

すると、限られた筋肉しか伸び縮みしなくなり、他の部分は使わずに筋肉が萎縮(短くなり硬くなる)します。

こうなると、ますます膝の変形も進み、動かせなくなってしまうんですね。

近所の膝の曲がったおばあさんがペンギン歩きみたいに、膝をあまり曲げずに体ごとピョコピョコ歩く姿を見たことありませんか?

あのような歩き方を学んでいくんですね。

ですので、当院では最終的に歩き方までお伝えしていきます。

日常で歩きやすいように、施術で膝の痛みと固まってしまった膝を動かしやすいように戻していきます。

前述した症例の方は、おおよそ5回で杖なしで歩けるようになりましたが、施術の回数は変形のレベルや痛みの状況によって変わって来ます。

変形性膝関節症は施術とエクササイズ、歩き方など、患者と術者とで根気よく解消していく症状の一つだと思います。

一体自分の膝どういう膝の状態なのか、どういうエクササイズをしたらいいのかわからないという方がほとんどだと思いますので、一度専門家に相談することをお勧めします。

変形性膝関節症のまとめ

変形性膝関節症は程度にもよりますが、適切な処置をすれば変形に限らず痛みは軽減して生活できるようになります。

自分で動けなくなると、心まで消極的になりがちです。

痛みなく動けるようになると、自然と前向きになる方が多くいらっしゃいます。

特に手術をお考えの方はその前にご相談いただければと思っております。

是非、お電話から、お問い合わせください。

施術院ここからは、神奈川県藤沢市の整体院です

〒252-0802

神奈川県藤沢市高倉967-15

長後駅・いずみ中央駅から、無料で送迎いたします。

当院は、駅から徒歩で約15分ほどの所にあり、場所も住宅地になります。

土地勘の無い方や、電車でお越しの方に、少しでも気軽にご利用していただけるように、無料の送迎サービスを行っています。

それ以外の駅の方も、ご相談ください!

ご予約の際に、お申し付けください!

是非、お電話から、お問い合わせください。

施術院ここからの、営業時間

受付時間
9:00〜19:00