過呼吸の原因と対策|自律神経施術院ここから

[営業時間] 9:00~20:00 / [休診日] 月曜日

ブログ

過呼吸の原因と対策|自律神経施術院ここから

2020/03/24

過呼吸の原因と対策

私が初めてのフルマラソンを走っている時、

20キロ過ぎでトイレで脚を止めてから、

左膝の内側が激痛が走り、以降まともに走れなくなってしまいました。

 

 

猛烈な痛みと膝の怖さと完走できない不安とで、

頭の中は、「ヤバいっ!ヤバいっ!!ヤバいっ!!!」

とパニック状態になり、呼吸は「ハッ、ハッ、ハッ」と

浅く早い呼吸になっていたのです。

 

 

しばらくして、手がしびれ、足を動かすと筋肉がつってしまう状態。

動悸、意識が朦朧、いよいよ脚が前に出なくなって、しゃがみ込んで

しまいました。

 

 

完全に過呼吸でした。

 

 

この時初めて過呼吸になり、動けない状態を味わいました。

 

 

私の例のように過呼吸になる背景として、

「ヤバいっ!!!」があるわけです。

 

 

人によって何がどの程度「ヤバい」のかは異なります。

 

 

きっと私の場合は、途中でリタイアすればいいや~と

気楽に考えていれば過呼吸になっていなかったでしょう。

 

 

「完走しなければ!!」「かっこ悪い」「自分が許せない」など

私の見栄やプライドなどが過呼吸にまで発展させていました。

 

 

過呼吸になってしまう方は、

自分の中に「ヤバいっ!!」と

思わせてしまっている何らかの想いがあるのかもしれません。

 

 

その時、どんな想いを持った自分がいたのかを丁寧に洗い出してみると、

あっ、自分はこういう思いがあるからヤバいっ!と

思うんだな、と自分を知ることができます。

 

 

たくさんの自分の特徴を知っていると、

原因、正体を知ってしまっているので、

どこか冷静な自分がいるので、

そもそもヤバいっ!とはならなくなってしまいます。

 

 

もちろん過呼吸にはなりにくくなってしまいます。

 

 

また、こういった心理的なことだけでなく、

体が元々呼吸がしにくい状態であれば、

少しのストレスで過呼吸になりやすくなってしまうので、

体から十分に呼吸できる状態を作ってあげることも大切です。

 

 

胸郭や背骨、お腹、股関節、首、頭蓋骨などがかたまって

緊張していると呼吸はしづらくなります。

 

 

心も体も緩めて整えることが大切です。

 

 

それでは、

お大事になさってください。