東京自律神経失調カウンセリング|自然に還る 施術院リセルフブログ

[営業時間] 9:00~20:00 / [休診日] 月曜日

ブログ

東京自律神経失調カウンセリング|野生に還る 施術院ここからブログ

2019/12/23

野生に還る

『野生に還る』

 

先生、頭が重いんです。

という方が多くいます。

頭を触ってみると、、、

 

 

こめかみを中心に

前頭部、側頭部、頭頂部が

キュッと締まってきます。

 

 

以前、私も頭が重く、

霧がかかっているような

スッキリしない状態が続いていました。

 

 

頭蓋骨調整をしてスッキリ

した経験があるので

よくわかります。

 

 

頭蓋骨を調整し終えて起き上がると、

スッキリした表情で、

あぁ~~と大きく息が抜けていく方が

多いんですね。

 

 

私の原因を振り返ると、

頭が休まる時がなく、

常に不安と葛藤が渦巻いていました。

 

 

クライアントさんお話を伺うと、

同じく頭が休まる時がないそうです。

 

 

昨今情報がありふれてます。

知識ばかりが増えて、頭でっかちに

なりやすい現代です。

 

 

こうした方が良いんじゃないか?

これはしない方がいいんじゃないか?

頭で考えていることが多いことが

みなさん共通している気がします。

 

 

こうした方が健康に良い。

などありがたい情報も沢山ありますが、

 

 

その情報が自分にとって大切なのか、

はまた違います。

 

 

睡眠は8時間とった方が良い。

逆にショートスリーパーが良い。

朝はしっかり食べた方が良い。

逆に食べずにいた方が良い。

 

 

色々あります。

 

 

何が良いのかは、

自分の感覚で良いと思うんです。

 

 

0時までには寝なきゃ。

12時過ぎたからお昼食べなきゃ。

体調悪くても仕事休めないから

行かなきゃ。

 

 

この自分の感覚ではない、

「ねばならない」が優先され過ぎると、

自律神経失調になります。

 

 

眠くなったら寝る。

腹が減ったら食べる。

体調が悪ければ休む。

疲れたら休む。

 

 

こう言った自分の感覚に従っていると

自律神経はちゃんとバランス良く

働いてくれます。

 

 

あまりにも情報があり、

自分で考える機会も少なくなり、

自分の感覚も無視されてしまう。

 

 

もう一度、

頭であれこれ考えることから、

自分の野生を大切にしてあげると

体は良くなっていきます。

 

 

人とうまくやっていく社会性と、

自分の素直な欲求である野生。

 

 

どちらだけではなく、

社会性の時間、

野生の時間、

どちらも大切です。

 

 

日本人の多くの方は社会性を

重視する文化です。

 

 

こうあるべきは自分に課している義務です。

 

 

自分の本来の欲求・野生に従うことも

忘れないようにしてあげたいですね。