目的意識の大切さ|神奈川藤沢市の心と体の施術院ここから

お問い合わせはこちら

ブログ

目的意識の大切さ|神奈川藤沢市の心と体の施術院ここから

2019/11/21

目的意識の大切さ

『目的意識の大切さ』
 


「やっぱりやる目的次第だなぁ!」
と感じることがあったので、
お話ししたいと思います。
  
 


私は月に2回ほどフットサルをやっています。
 
以前までは、ただ楽しい!から、
というだけで参加していました。
 
 


ですが、ここ最近
もっと上手くなりたいな…。
という気持ちが出て来ました。
 


 
主に、ドリブルが
もっと出来るようになるといいんだよな、
という思いで参加し始めたんです。
 
 


すると、自分でも驚いたのですが、
同じ場所、同じ時間、同じ人という
環境は全く変わらないんですが、
内容がガラリと変わっていたんです。
 
 


自然とどうしたらこの状況で
ドリブルで抜けるのか?という
センサーがビンビンに立っていたんです。
 
 


実際はボールを取られてしまったりして、
悔しい!となると同時に、次はこうしよう
となるんですね。
 
 


試合の合間に上手い人に訊き始めたり、
他の人のプレーを観たりして、
参考にしようとしていたり、
 

そこで、
あれ??とふと気づいたんです。
 
 


やっぱり目的次第で、
内容が変わるんだと。
 
 


もっというと、
「楽しいからやる」という目的意識から

「ドリブル上手くなる」という目的意識に
変わると、そのやっている内容が
ガラリと変わることを改めて実感したんです。
 
 


何のためにやっているのか?
何を意識してやっているのか?
 
 


この目的・意識を何にセットしているかで、
同じことをやっていても、
内容が変わるんです。
 
 
フットサルが終わっても、
Youtubeでドリブルの動画を見始めたり
している自分がいるんですね。
 
 


でも、

この「何のために」という質問は
かなり負荷がかかるというのも
私自身知っています。
 
 


抑うつ状態がひどい時に
ずっと「何のために生きているのか」と
常にぐるぐる考えていたからです。
 
 


簡単に出てこない壮大な質問です。
この質問に随分苦しんだ経験があります。
 
 
そんなに目的って必要なの??
考えても仕方ないじゃん!!
と思われる人もいると思います。
 
 
私も経験上、ただ、
頭の中でぐるぐる考えているだけ
ではなかなか難しいのかなと
思っています。
(段々と頭が重くなりますしね…)
 
 


でも、
やりながら、動きながら、経験しながら、
この何のためにということを
考えていくと、段々と明確になって
いきやすい感覚があります。
 


私も、整体・カウンセリングを
やっていくうちに、
やっぱりこのためにやっているんだ!と
明確になっていきました。
 
 


決して目的がなくてはならない、
何となくが良くない、
と言っているわけではなく、
 


目的・意識が変わると内容が変わるということですね。
 
 


この目的は、あくまでも
したくなってしまうものです。
 
ねばならないではありません。
 
 
それをすると、
こうなるよね!とその先が
イメージできるものです。
 
 
ドリブルで抜いてシュートを決めると
超気持ちいい!!みんな喜ぶ!!
チームが勝つ!!嬉しい!!
と言った感じ。
 
 


患者さんにも度々訊きます。
何のために元気になるんですか?と。
 
 
目的が定まっていると、改善は本当に早いんですね。
 
 

こうしたい!というものがあったら、
何のために?と問い掛けておくだけでも
いいと思います。
 
 
アンテナ(意識)を立てておくと、
その後のカウンセリングで出てくる気づきも変わって来るんですね。