自己否定からはじめの一歩を踏み出すには|自律神経施術院ここから

[営業時間] 9:00~20:00 / [休診日] 月曜日

ブログ

自己否定からはじめの一歩を踏み出すには|自律神経施術院ここからブログ

2019/11/11

はじめの一歩を踏み出すには

『自己否定からのはじめの一歩』
 


「石橋を叩いて渡る」

 

当時の私のパターンでした。

用心深過ぎて渡らないことも
ありました。

でも、前に進みたい!こうであってはならない!
そうやって自分を追い込み、、、
 


 
俺は変われないダメなやつだ、と
自己否定を繰り返していました。
 


 
こういう状態で体調も良いわけがなく、
不眠症・やる気が起きない・頭が重い
本が読めない・感情的になる、など、
症状も出始め、
 
 
私の自己否定はより強化されていきました。
 
 


当時の私は、
頭で考えて、「出来る出来ない」を
判断していました。
 
 


今思うと、
全て自分の出来る範囲内でしか物事を
していませんでした。
 
 


失敗が、、、
とにかく怖かったんですね。

 

 

「失敗する=自分の存在が危うい」

という思い込みがありました。
 


 
何かを始めたい、
変えたい。
 
 
でも怖い。。。
最初の一歩が踏み出せない。。。
 
 


ここを突破するにはどうしたらいいのか?
 

私は何年もこの問題と戦っていました。
 

 


色々と自己啓発の本やセミナーに参加して
試行錯誤しましたが、
残念ながらテクニックでは
なんともなりませんでした。。。
 
 


最終的に、
 


「一歩出してみるしかない!」
 


やはり、ここにたどり着きました。
 
 


そこで、
経済学部から整体への転向に
踏み切ったんです。
 


 
結果、現在に至っています。
 
 


私にとっては、
大学時代のこの決断なしには
ずっと身動きが取れない自分だったと思います。

 


一歩踏み出してみて分かったこと。

それは、


やってみたら、出来るようになった。

ということです。
 
 

それって当たり前だよね、、、

と言われてしまいそうですが、

恥ずかしながら、これができなかったんです。

 

 

整体を始めたら、

整体に関することの知識や情報が

自然と目につくようになり、

実際に施術をしながら、上達していきました。

 

ここでは、改めて、
脳は意識しているものの
情報を集めて来るんだな、と感じたことを覚えています。
 

 


こうした経験から、
 
“やるから出来るようになる”
 

 

そして、失敗は付きもの。

むしろ失敗ができたということは、進んで動いている証拠。

という考え方に変わっていきました。
 
 


「出来るからやる」
では自分が広がらない。
進めないと気づいたんです。
 
 

 

それから、
勤めている施術院から独立を決め、

現在の施術院ここからを開院しました。
 


 
これも出来るかどうか、
ではなく、
一歩踏み出すから出来るようになる。
 


これを更に実体験することになるでしょう。
 
 


はじめの一歩がなければ二歩目もない。
まずははじめの一歩。

 

いや、半歩からでも前に出してみる。

 

失敗しても、途中でやめてもいいじゃないかな。

いつまでも気になっていることであれば、やらないよりは断然マシ、と

おかげさまで今では思うようになりました。

 

 

今でも私が自身にかけている言葉があります。

 

それは、

 

 

「今、自分にできることをやるだけ」

 

 

欲張らず、

完璧ではなくても、

うまくいかなかったとしても、

 

「今、自分にできることをやるだけ」

 

やらなくて自己否定を繰り返すのはもうやめました。

 

 

私のお話になってしまいましたが、

参考になれば幸いです。

 

 

それでは、

どうかお大事になさってください。