自律神経失調はなぜ増えるのか|神奈川の施術院ここからブログ

お問い合わせはこちら

ブログ

自律神経失調はなぜ増えるのか|神奈川の施術院ここからブログ

2019/11/08

〜令和は見直す時代〜

なぜ自律神経失調が増えているのか

『なぜ、自律神経失調が増えるのか』


 
「先生、どうして自律神経失調症が
増えているんですかね?」

 

ふと、クライアントの方から質問がありました。

 

 

そもそもどうして失調(アンバランス)
になるのでしょうか??
 


 
私は、
「自分を見失ってしまっている」
からだと思います。
 


 

何度もお伝えしていますが、
自律神経は脳の状態を体に伝える神経です。
 
 


ということは、

自律神経失調は、大元の

脳の状態がアンバランスになっている

ということです。
 


 
本来の自分から外れている
ということが続くと、脳はバランスを崩し、
いよいよ自律神経失調状態になります。
 
 


無理して働きすぎる。
気を使って感情を表現しない。
こうあるべき!で物事を選択する。
などなど。
 
 


本来の自分とは違った自分を
続けると、やがて自分を見失う
ことになってきてしまいます。

 
 


自律神経失調が増えてきた
というのは同時に、本来の自分ではない
という感覚の人が増えている、
ということでもあると思うのです。
 
 


これは、
自分を見直すことが大切になってきている、
という傾向を表している気がしてなりません。
 
 


これからAIが私達の日常に入り込み、
「人とは何か?」
「自分とは何か?」
と改めて見直すことになるでしょう。
 
 


今の時代は、昔と違い選択肢も多く、
多様性の時代です。
 
 


色々あっていい、という価値観が
広がってきています。
 
 


ですが、いまだに
こうあるべき、ねばならないという
価値観が横行している気がしてなりません。
 
 


この色々あって良い、という時代に
自分が何をするのか、
何をしないようにするのか、
を選択して生きていくことになります。
 
 


そこで、自分を見失っていると
どうなるか。
 


 
選択基準が自分の価値観ではないので、
主体的に生きていけない、
ということが起こります。
 
 


すると、更に自分を見失うことが
増えてくるでしょう。
自律神経失調・うつが増えることは
明らかです。
 
 


一方で、
自分で選択決定していきていく人にとっては
非常に生き易い時代ということでもあります。
  
 


令和は、今までの古き常識に囚われず、
「人」そして「自分」を見直して
再定義していく時代になると思うのです。
 


 
令和の時代を
活かす自分でいるか。
それとも、
生きにくい自分でいるか。
 
 


ポイントは、
自分を見直すこと。
自分を深く知ること。

 
 


すると自然と、
これから何のために
生きていくのか、が見えてきます。
 
 


そしてあなたの自律神経は存分に
「働く・休む」を取り戻していく
ことでしょう。