なりたい自分は体づくりから|神奈川の自律神経うつ専門施術院ここから

お問い合わせはこちら

ブログ

なりたい自分は体づくりから|神奈川の自律神経うつ専門施術院ここから

2019/11/05

なりたい自分は体づくりから

〜体を使って表現する〜

『なりたい自分は体づくりから』
 


患者さんに、
「今の体調を体で表現してみてください」
と言うと、
皆さんが多く表現するのが、、、
 
 


「体を丸める」
と言う表現をする方が多く
いらっしゃいます。
 
 
深く体育座りをするなど、、
その姿勢は何を表現している
んでしょうか?と訊くと、
 
 
「孤独で寂しい感じ」
「守っている感じ」

と言います。
 
 
では、
その孤独や守っている感じから、
どういう感じになったらいいでしょうか?
と訊ねると、
 
 
手足を大きく広げたり、
体を揺らしながら動かしたり、
「あぁぁ〜」とため息声を出しながら
大の字に寝転がったりします。
 
 
それをするとどんな気分ですか?
と訊くと、
 
 
「なんか解放された感じ」
「呼吸がし易い」
「自由な感じ」

 
 
ということを言います。
 
 
私たちの体は、表現体です。
 
 
姿勢もそうですね。
 
 
シャキッとして、
「私は鬱です!!」
とは言いませんね。
 
 
背中は丸まり、下向き加減でいると
鬱っぽくなってきます。
 
 
体は自分の状態を表現しているものです。
 
 


また、
体を理想な姿にしていくと、
そのような脳になっていきます。

 
 


私が自律神経失調や鬱の方に
体からのアプローチをしているのは
こういったことからです。
 
 
体を変えていくと、
脳(心)も変わってくるんです。

 
 


どんなふうになりたいのかを
体の表現で決めたら、
一日3回その表現をして
味わってみてください。
 


 
その理想な状態に
体を設定するんです。

 

 


「理想の自分に成る」んですね。
 
 

 

なりたい自分は体づくりから

始めることをお勧めします。

 

 

理想な状態はどんな体をしているのか?

姿勢はどんな感じか?

声は?話し方は?歩き方は?など。

 


これはとっても有効なので、
ぜひ試してみてくださいね。