これが自律神経失調症から立ち直る鍵|神奈川の施術院ここからが解説

[営業時間] 9:00~20:00 / [休診日] 月曜日

ブログ

これが自律神経失調症から立ち直る鍵|神奈川の施術院ここから

2019/10/27

自分を生きることが自律神経失調症から立ち直る鍵

 

患者さんとお話していると、ある共通点があります。

 

それは、

「自分を見失ってしまっている」ということです。

 

 

どういうことかというと、

 

「自分が何をしたいのかわからない」

「人の言うことや雰囲気で自分が強く影響を受ける」

「自分がしたい、というよりも、しなきゃいけないになっている」

「そもそも何のために仕事をしているのかわからない」

 

 

など、自分が分からなくなってしまっているということです。

 

 

自律神経は、脳の状態を体に反映する神経です。

ということは、脳(心)の状態が鍵になるということです。

 

 

イライラすれば体は怒りで力が込められ、

不安や恐怖であれば、体はすくんでこわばります。

 

 

自分を見失っていると、感情が揺さ振られやすくなります。

 

 

自律神経失調症=脳(心)のバランス失調」

 

 

が起きているということができます。

 

また、体も緊張状態で呼吸が浅くなり、

首や肩がこわばって脳に血液と酸素が行きにくくなります。

 

 

するとあるとき、

脳がうまく機能できなくなり、

自律神経がうまく体をコントロールしにくくなって、様々な症状が出てくるのです。

 

 

改善で大切になるのは、

まずは脳が冷静に考えられる状態にすることです。

 

 

具体的には、脳へ十分な血液や脳脊髄液を循環させてあげることです。

(ぼーっとしたままでは偏った狭い思考になってしまいます)

 

 

そして、脳が比較的正常になった後に、

自分は何なのか?と自分を深く知っていくことで、

やりたいことや違った物事の捉え方がわかるようになり、

ストレスを感じにくくなっていくのです。

 

 

つまり、

体も心も自分を取り戻していくことが

以前よりもタフに立ち直る鍵になるのです。